2018年01月07日

ファンタジーキッズリゾート武蔵村山に行ってみた!体験談


◆「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」に行こうと思った理由

珍しくパパが連休で「どこか行こうか」ということに。
「いこーよ」という育児お出かけサイトで人気ランキング上位だったため、
普段はなかなか行けないからと足を伸ばしていってみることになりました。


◆「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」アクセスについての詳細

〒208-0023 
東京都武蔵村山市伊奈平3-36-1 
ダイエー武蔵村山店2Fです。
基本、年中無休ですがダイエー内にあるのでダイエーがお休みの日は
お休み。念のためダイエーがお休みでないかどうか行く前にチェックして
おくと安心です。


私達は電車で行きました。

・JR青梅線「昭島駅」下車、バス「伊奈平南交差点」下車、南方面に徒歩5分 
・西武拝島線「西武立川駅」下車、バス「伊奈平南交差点」下車、南方面に徒歩5分

都内住みの我が家。駅が近づくにつれ、
「お降りの方はドアのボタンを押してから降りてください」
という聞きなれないアナウンスにちょっとだけおどろくのでした。

最寄り駅を降り、バスの時刻表を見るとなんと1時間に1本!
(年末年始だからだったかもしれませんが)
しかたなく行きはタクシー使いました。
昭島駅からタクシー、空いていたので1300円くらいでした。
ダイエーの駐車場の中までは入れないので、近くのコンビニ前あたりで
停めてもらいました。

運転手さんに帰りのバス乗り場の位置を聞いておくと安心です。
帰り際に気付いたのですが、ダイエーの入り口付近の柱に
バス時刻表が貼ってありました!


「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」飲食について

店内は持ち込み禁止です。
お弁当や水筒はNGという意味。
赤ちゃんのミルクやアレルギー食はOKのようです。

アンパンマンのポップコーンマシン、セブンティーンアイスの
自販機もあります。飲み物の自動販売機は多数あります。

ファンタジーキッズリゾートの中にはレストランもありますが、
カレーなど最低限のものだけなので美味しいものが食べたければ
一時退出を。スタッフの方に「一度出ます」と言って
会員カードとレシートを見せて対応してもらいます。

ダイエー内には
ロッテリア、ケンタッキー、ピザハット、とら八(たこ焼き、ラーメン)、
ステーキのどんがあります。
ステーキのどんはダイエーと併設の店舗で、一度外に出る必要があります。



我が家はステーキのどんへ。
都心ではなかなか見かけないので初体験でした。
キッズメニューもあるので安心です。
1枚もののステーキ、高単価の方のハンバーグが美味しかったです。
また子どもがいると、コインが1枚もらえて無料でガチャガチャを
やらせてくれるサービスもGOODでした!




「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」入店まで

初めての場合は、まず申込書を書きます。
カードは1家族1枚でOK。
年会費が1家族につき350円かかりますが、
「いこーよ」にクーポンがあって年会費無料になりました!

申込書が書けたら受付へ。
申込書に名前を書いた代表者1名は、身分証提示を求められます。

我が家が休日遊び放題コース1200円×3人でしたが、
またまた「いこーよ」クーポンで1人100円引きだったので
合計3300円で済みました。
思わずパパが「安っ」と漏らすほどでした。
ディズニーランド、USJはもちろんのこと、キッザニアでも
このお値段では1日過ごせないですもんね;

支払いを終えると靴を脱いで、ロッカーへ。
洋服や荷物もロッカーに入れられるため、身軽に遊べます。
ロッカーも相当数あるので、他の施設のように
「ロッカー埋まってる」と困ることはほぼないかと思います。
有料のロッカーも最後、お金は返ってきます。


「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」、
どんな場所?どんなおもちゃがある?

一言でいうと室内プレイグラウンドです。



・ふわふわ滑り台
・ボールプール
・さらさら砂場
・ファッションフォトスタジオ
・スケートリンク
・アーケードエリア
・キッズサーキット
・イベント広場
などがあります。

ふわふわ遊具は大抵、子どもだけの場合が多いですが
「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」は大人も遊んでOK!
人見知りが強いお子さんや、「一人で行かせるのは心配」という場合でも
安心ですし、何より家族みんなで楽しめるのがとってもよかったです。
パパママも童心に帰って楽しむことができました♡

ふわふわエリア

スケートリンクは本格的ながらもアイススケートではないとのこと。
6人ずつ7分で入れ替え制なので、トラブルなく安全に遊ぶことができます。
大人はクロックスを履いて補助にまわります。

ファンファンリンク


ファッションフォトスタジオは、スタジオアリスさながらドレスなどの衣装に
着替えて写真撮影ができるスポット。でも圧倒的に女の子が多かったです。
男の子の衣装はタキシードやスーツっぽい衣装がほとんどでした。

ファッションフォトスタジオ

キッズサーキットは1人ずつ順番に運転しますし、
ふわふわ滑り台も混んで来たら、定員制になり遊園地の入り口のように
スタッフの方が制限してくれていました。
他に類をみないぐらい「安全」を徹底されている施設だと感じたのでした。



イベント広場では数時間に一度、親子運動会やビンゴ大会など
「スタッフの人、大忙しだな」というくらい頻繁にイベントを開催してくれます。
時間になると鈴を鳴らして「これからはじまりまーす」とアナウンス。
内輪向けでなく、初体験の私達でも気軽に参加できる雰囲気で
とても印象がよかったです。

イベントひろば

アーケードエリアはゲームセンターです。
一部有料のものもあるのですが、コインゲームが
コイン使い放題(1度につき20枚ずつ)でした。
普段はなかなかやらせてあげられないので、
ここぞとばかりにコインゲームをたくさん体験。

コイン投入口にお金を入れる経験って子どもになかなか
させてあげられないですが、何枚も入れられるため
子どももだいぶコツをつかんでいたようでした。



「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」、
大人がリラックスできる秘密

大人用の高級マッサージチェアが10台以上ありました。
15分100円で使用できます。

飲食スペースには雑誌も置いてあります。
パパと子どもが遊んでいる間、赤ちゃんにミルクを上げている
ママも何人か見かけることができました。



「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」、
賢く遊ぶコツ

遊ぶものがたくさんあるので、大人としては
「あれもやってみたら?」と勧めたくなりますが、
まずは子どもが「やりたい」という気持ちを
大事にしてあげたいものです。

ちょっと飽きてきた雰囲気が出てきた頃に、
「あっちも行ってみない?」と上手に声がけするといいでしょう。

1日中遊んでも遊び切れないので、全部制覇しようとしないこと。
家が近いならいいですが、遠いなら帰るまでの体力も残しておきたい
ところです。「もうちょっと遊べるな」というところで帰るくらいが
ちょうどいいです。

我が家は、バスで帰ったのですが慣れないバスで疲労…。
さらに行きよりも停車駅が多い電車に乗ってしまったので
「行きはよいよい帰りはつらい」状態でした。
それでも家族で「楽しかったねぇ」と言い合える、いい思い出と
なりました。機会があればまた行こうと思います。

「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」公式サイトでも
情報が充実していますが、体験してみて
「こんな情報があったらよかった」という点はここにまとめてみました。
これから「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」に行こうと考えている方、
「ファンタジーキッズリゾート武蔵村山」に行く前に下調べをしている方の
参考になれば幸いです。


posted by ライターam at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

スタジオアリス七五三早撮りで、着物レンタルと衣装料金が安くなった♪(2017年の体験レビュー)


【七五三前撮りを決めた経緯】
現在、4歳の息子。
本来なら5歳になってから七五三を撮影するのがベスト。
ただ、そうなると数か月後には卒園式に入学式と
写真を撮る機会がまた別にある。
と、考え今年に撮影することとしました。
姉妹、兄弟がいる関係で、満年齢・数え年関係なくやるという人も
最近は増えてきていますよね。


【スタジオアリス 七五三早撮りのお得術】

1)早撮りは8月中がお得!
8月中に早撮りして、七五三を平日に行くようにすると
衣装レンタル代が無料になります。
土日だと料金が発生し、七五三シーズンに近くなれば
なるほどお値段は高くなります・・・。
8月に撮影?と当初は違和感を覚えましたが、
写真スタジオはクーラーもガンガン効いていて涼しいので、
親側もスーツで撮影しやすいです。

11月はハイシーズンなので、土日ともなれば激混み。
衣装もない、日にちもないなかで都合がつかないよりは
早々撮ってしまった方が安心でもあります。

また、早期特典として色々貰えます。
我が家は、「七五三、秋のお参り用着物レンタル予約会」
に参加しミッキーの柄のついたポップなカラーの傘を頂きました。
(先行予約会のみ)

8月中はパパもお休みも取りやすかったりしますし。
11月は、学校行事が多いのでそちらで休みをとらなければいけないケースも
あるかと思います。


2)早撮り申込みはweb予約がお得!
早撮りするには、衣装を決めるために店舗に足を運ぶ必要があります。
ただ、早撮りする日にちだけは事前にweb予約しておくのがおすすめ!
七五三以外にも、スタジオアリスには家族写真、誕生祝い、
ハーフバースデー、1/2成人式、お宮参り、百日祝いなど・・・。
様々な理由で撮影しに来る家族はいます。
先に日にちをとっておけばあとは衣装を選ぶだけなので、時短にもなりますし
こちらもweb予約特典で何かプレゼントを貰えることもあります。


3)割引クーポンはtwitterで探せ!
ツィッターで「スタジオアリス」と検索すると、意外と出てくる
割引クーポンID!!私は申し込んでしまってから気づきましたが;
使用しれば相手にもメリットがあり、また通知がいくようです。
お互いにとってwinwinなのかも?


★スタジオアリス七五三早撮り申込みの流れ★

1.早撮りの日にちをwebで申し込む

2.七五三、秋のお参り用着物レンタル予約会に行く
(予約会の予約はする必要がなく、好きな時間に行ってOKでした。
サイトをよーーく読まないと書いていないので
ちょっとわかりづらかったです)

七五三、秋のお参り着物レンタル予約会では、
・お参りする時の衣装
・髪型
・日時
を選びました。
髪型については、数か月後は髪を切っているかもしれないと
言ったら、2パータン選ばせてもらいました。
迷ってしまったら長めのヘアアレンジの中から1つ、
短めのヘアアレンジの中から1つ選ぶといいです。

衣装は現物ではなくメニュー表を見て選びシステムでした。


3.8月中の平日に早撮りする

「パパママ着物フォトプラン」と言って、
パパママも着物をレンタル&着付けしてもらい、髪型もお願いできる
サービスがあるのです!
ただ相当人気のようで、私は申し込めませんでした(涙)
特にパパが人気らしいです。
ママのお値段は五千円程度でした〜。



4.秋の予約した日に七五三衣装レンタルし、お参りに行く
パパママのお休みが一定の人であれば予定も立てやすいですが、
不定期の人だとなかなか予定が立てづらいかと思います・・・。
ただ、平日でお休みできそうというめどがあるなら平日なら無料で
衣装が借りられるので、お得です。

(レンタルサービス特典↓スタジオアリスより抜粋)
・専門のスタッフにおまかせ!着付け無料
・当日、お子さまの髪質や長さに合わせたヘアセットが無料
・草履、カバンなどの小物もレンタル充実
・千歳飴プレゼント
・くし、ブラシプレゼント
・カラー足袋プレゼント
・7歳の女の子にはネイルシールをプレゼント



尚、衣装は18時までに返却する必要があります。
衣装を汚したらどうしよう?とスタッフの方に相談したところ、
ちょっとした汚れなら大丈夫とのこと。
クリーニングに出すけれど、次の人がすぐ使えないとなると
マズイらしいです。
ちなみに、衣装や備品の破損・紛失は・・・

着物3万円、小物8千円とのこと!
気を付けなくちゃですね〜〜。


★スタジオアリス七五三 着物レンタル注意点(感想含む) ★

・着物レンタルの予約変更は利用日の6日前まで。
ただ、子供だから風邪などひいてしまった場合には、
6日以内でも「やむを得ない」の分類に入るようです。

しかし、決めていた衣装がもう予約されてしまっていることも
あるとのこと。その場合には、もう一度衣装を選び直しに
行かなければいけないと言われました。


・意外だったのがマジックテープが付いた靴NG!
着物の裾がダメになってしまうのだそうです。
草履は借りられるので、衣装レンタルする当日はクロックスやビーチサンダル、
紐靴で来て
と言われました。
このあたりは、サイトには一切書いておらず申込みの時に口頭説明と
申込書控えに注意点として書かれています。

・当日の持ち物
→気温に応じて肌着(襟ぐり大きいもの)、
男女問わず薄手のフェイスタオル1〜2枚
お客様控え書類
のみ!荷物が多くなくて助かります!

早撮りとお参り時の衣装レンタルは別の着物が選べます!
ブランド着物もあるのですが、追加三千円取られま〜す。
また、袴の色は着物に合わせているようでチェンジはできないそうです。


【七五三 男の子の着物の選び方について】
選び方も色々だと思いますが、我が家は・・・
8月は暑い→涼しげなブルー系
11月は涼しい→ブルーだと寒々しいのでホワイト系
にしました。

男の子だと黒系がかっこいい!という子も多そうです。
実際に着ている子をみましたが、なんとなく「悪」っぽいイメージを
持つ人もいるのかなと感じました。
とくに祖父母世代。
そういった意見も鑑みて決めると、後々モメない気がします。


さぁ、実際の撮影はどうなるのでしょうか?
撮影が終了したらまたレビューします。
posted by ライターam at 19:41| 東京 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

「ウルトラマンジード」、親子でハマったポイント5

息子の友人がウルトラマン大好きっ子なので、最近影響されつつあります。
そんな折、新しく放送開始となった「ウルトラマンジード」。
録画したものを何度見ても、ついつい見入ってしまいます。


1 「ウルトラマンジード」基本情報
・2017年7月8日より土曜朝9時 テレビ東京にて放送スタート
・シリーズ構成はあの乙一さん
・主人公はあの子役だった濱田龍臣くんが爽やか塩系イケメンとなって登場
・キメ台詞「ジーっとしててもドーにもならねえ!」
      「決めるぜ!覚悟!」
      「融合!アイゴウ!ヒアウィゴウ!」



2 乙一さん×ウルトラマンの化学反応!
乙一さんは、本名の安達寛高名義で脚本家としてもクレジット
されています。乙一ファンはもちろん、ウルトラマンに興味がなかった私でも
ついつい気になってしまいます。

乙一さんのインタビュー記事も興味深いの読んでみてください。


3 濱田龍臣くんで全て許される!次世代塩系男子発見

キメ台詞を聞くたびついつい笑ってしまったり、つっこみたくなるような場面でも
全ては濱田くんの爽やかで相殺される気がします。
最近の子役は、純朴さや爽やかマストですね。
久しぶりに見た甥っ子を「大きくなったなぁ」と愛でている気分です。
子役から大成した神木くんを追いかけ、逸材となるのではないでしょうか。


4 主人公が人間ではない!宇宙人同士が同居するストーリー
濱田くん演じる朝倉リクは、ペガッサ星人のペガと同居しています。
第一話冒頭で、リクがアルバイトする駄菓子屋のアイスケースが壊れ、
ペガが「夜、直しておくよ」と言ったらリクが「宇宙人と同居していると
バレたら大変」と言うのです。

が、実はリクはウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継いでいて、
「あなたは人間ではありません」と秘密基地システムのレムに言われてしまうのです。

つまり宇宙人同士同居してるだけやん!とつっこんでしまいました。
そう考えて観るとさらに面白いです。


5 決め台詞はちょっと笑えるけど、納得の字面
「ウルトラマンジード」だから「ジーっとしててもドーにもならねえ!」
ですよ。毎回笑ってしまいます。でも速攻で覚えられました!
そしてつぶやくとポジティブになれる台詞なのもいいなぁと思いました。
「決めるぜ!覚悟!」も然り。今後、何をするにも言い出す男の子が
増えるのではないでしょうか。
夫にも「仕事行く前につぶやいてみたら?」と勧めておきましたw

「融合!アイゴウ!ヒアウィゴウ!」は、はじめyou goかと思っていたので
「そっちかい!」と思いました。リズムが良いですよね。


〇最後に〇
第一話戦闘シーンで、足漕ぎアヒルボートがちらっと映っていました。
ウルトラマンや怪獣とアヒル!?そのなんともいえないアンバランスさに
キュンとしてしまいました。
「なんだか今回のウルトラマンは面白しいぞ」と感じた瞬間の一つでした。
先ほど紹介した乙一さんインタビューにありましたが、乙一さんは6歳になる
お子さんがいるとのことなので、子ども目線・親目線も大事にしながらシリーズ構成や
脚本を作られているのではないかと予想します。
第二話以降も楽しみです。





posted by ライターam at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

こどもちゃれんじすてっぷ入会3か月。入ってやっぱりよかったと思う理由7


2017年4月から入会し、3カ月経過。
改めて「入ってよかった」と思う理由をまとめてみました。

1)子どもが自分の郵便物がくるのをとても楽しみにしている
自分の名前で荷物が届くって、子どもにとってはなかなかないこと。
毎月とっても喜んでくれます。
たしかに自分も子どもの頃、無性に嬉しかったな〜。

2)季節の行事を子どもと一緒に楽しめる
七夕やこどもの日など。飾りを飾って終わり、ではなく
子どもとちゃれんじの制作物を作り、ちゃれんじの雑誌を読むことで
「こんな行事なんだよ〜」ってわかりやすく伝えることができる。
これってすごいことだと思います。


3)子ども同士の関わりについて絵本で学べる
お友達と喧嘩したらどうする?
どう謝る?
こんなときなんて言う?
なんてことを、しまじろうをはじめとするキャラクターが
絵本で体現してくれます。
「ごめんね」「ありがとう」、絵本を読み聞かせている時に
子どもに言わせようとすると恥ずかしがります。
でも「こんなとき言うんだ」とか「しまじろうも言ってるから」
と思ってくれるだけでも十分!

たしかに「やめて」と言ったら「やーめた」と言ったり、
私が怒ると「ごめんなさい」と自分がら言えるようになったり
小さな成長が見える今日この頃です。


4)楽しく知育ができる
市販のワークでいいじゃん、と買ったこともありますが
比べるとやっぱりちゃれんじはとても子供にとって楽しい、
面白い、やりたいを引き出すように作ってあります。
私が子どもの頃から既にあったのでもうウン十年の歴史が
あるだけに、子どもも自分からやりたがります。


5)付録もあなどれない
ひらがななぞりん、おてつだいたいなど
一見普通のおもちゃに見えますが、しっかりお勉強的要素や
心の成長のためのアイテムです。
市販の知育おもちゃを買ったこともありますが、すぐ飽きてしまう、
子どもに合わないなど「高かったのに〜涙」ということも多々
ありました。


6)生き物に興味を持ってくれる
ここ数カ月はちょうちょ、バッタ、かたつむりなど季節の生き物に
スポットを当てて「生き物観察ナビ」という特集があります。
個人的には興味なかったのですが、子どもがふと
「あ、モンシロチョウだ」「ショウリョウバッタいるかな」
などしっかり覚えていて本当にびっくり。ただびっくり。
小学生くらいになって図鑑読まないと覚えられない知識を
分りやすく図解してくれています。

日常でも季節ごとに見かける生き物なので、実際に
「いたね!」と会話が弾むこともありました。


7)総合的に考えてお安く感じる
知育ワーク2冊と情緒を助ける絵本、生き物観察、付録など
自分で探して同じようなものを買ったらいくらになるだろうと
考えるとお安い・・・。
周りの友達でも「知識が豊富だな」「しっかりしているな」という子は
大抵ちゃれんじをやっていました。(あくまで個人の意見ですよ)



これまでは知育ワークも諦めていなかったですが、
とうとうちゃれんじ一本に絞ろうかと。
月+500円でキッズワークプラスというワークがあり、
どうしようかな〜と保留していたのですが、
バックナンバーをまとめて受講できるキャンペーンが!

さ、さすが。
だって長い夏休み。これがあれば助かる。
近々、注文しようと思っています。
内容が難しいようならとっておいて、少し成長したころに
やらせてもいいですしネ。



★おまけ★
私が子どもの頃にはなかったDVDが今は付いています。
テレビ見せたくない派のお母さんからすると、うーんと思うかも
しれません。でも絵本で読み聞かせても理解度が15%だとして、
うちの子が視覚優位なところもあるかもしれませんが2〜3倍は
DVDで理解しているのです!
DVD、あなどれないなぁと思います。





posted by ライターam at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

こどもちゃれんじすてっぷ 入会してみたら・・・。

これまではずっと市販の知育教材を使っていたのですが、
知能度と合わなくなってしまい。

そんなとき、ちゃれんじのサンプル(定期的に送られてくるアレです)を
やらせたらとにかく楽しくやるので思い切って入会してみました。

年間一括で支払っても、退会時には返金してくれるというのでだめなら
やめればいいかなという気軽な気持ちでの入会です。

教材が届くとまぁ嬉しそう!
ほぼ数日で全てやり終えてしまいました。
しかも自分から。

私から「やりなさい」とは一切言わなかったのに、
自分からススス・・・と教材を取り出してやるという日が
続きました。

親の目からみても、やはり色々な工夫で子どもを飽きさせないのが
「ちゃれんじ」なんだなあと。


他にも
・信号の渡り方
・お友達に「ありがとう」を言う

など親からすると実践してほしいことがDVDや絵本にさりげなく
含まれているのでありがたい!!

これまでは自分の目で子どもの発達度に応じた絵本や教材を探していましたが、
やっぱり時間も労力もお金もかかっていました。
でも内容もすごくいいものが毎月送られてきて、俄然ラクになりました〜。

私が子どもの頃と違って、オプションで英語や追加ワークも頼めるので
来月も即日やり終えてしまうようだったらオプション加入も考えようかなと
思っています。

posted by ライターam at 08:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

行くなら平日と確信。お台場レゴランド・ディスカバリー・センター体験談とアトラクション詳細


所用がありお台場に行ったついでに。

入口の時点では「空いてる?」と思ったのですが、

アトラクションはそこそこ並びました。


◆レゴ・ファクトリー

入園後、エレベーターから降りて一番につく場所。

レゴがどのように作られるかが見れる工場風な作り。

所用時間数分で終了。


◆キングダム・クエスト

乗り物に乗りながらシューティングします。

待ち時間、ディズニーランドのように子どもが飽きずにするための

工夫的なものは全くなく。

もっと言えば、並んでいる列を整理するポールが足りず

乗り物から降りて出てきた人が通る導線がなくお互い地味にイライラ。

4歳息子には「(エグゼイドの)バンバンシューディングみたいなやつだよ」

と言ったら「バンバンシューティング楽しかった」とのこと。

ライド中に写真がパシャリ。千円で買えます。

来たのは春休み中でしたが、30分以上並んだ気がします。



◆ミニランド◆

東京の名所がレゴで作られています。

外国人観光客に喜ばれそうだけど、大人だけじゃ来れないし。

もっと子どもが喜ぶ要素があるといいですね。

一応「わー」とはなりますが。



◆マスター・ビルダー・ワークショップ◆

先生にレゴの作り方を教わってその通り作るお教室。

外から中の様子が見えるので、子どもに「やる?」と聞いたら

やらないといったのでパス。予約しないといけません。

みると大人も一緒に受講していました。

時間中、着席できる子じゃないときついかな。

あとレゴを組み立てるのが好きな子。



◆レゴシティ プレイゾーン

ここはさらに長蛇の列でドン引き。

中の様子が全く分からなかったのでとりあえず先に他を回ってみました。

結果、戻ってくることはありませんでした。



◆マーリン・アプレンティス

漕ぐメリーゴーランドといったところ。

新調制限があり、90cm以上ないと乗れません。

でも90cm以上あるからといって、脚が届かないので

息子は漕げませんでした・・・。

「子どもは内側、大人は外側に乗ってください」という

注意を受けます。

ここもけっこう並びました。

息子もここで一番ぐずりましたがyoutube見せて待たせました。

他にも「ギャー」と泣いている子、多発・・・。

それでいて大抵の小さい子は足が届かないのだから、パスしても

いいかも。

しかも待っている最中も飲食禁止なのでお菓子でゴマかすこともできません。




◆4Dシネマ◆

2作品あって30分ごとに交互上映。

大きい音や光があり、音や光に敏感な方は・・・と

注意書きもありますがまさにそう!

恐竜が驚かそうとばかりに出てきたり、ちょっと気持ち悪いキャラが

出てきたり。ちょっとだけ水しぶきもかかります。

繊細なお子さん、大きな音や光が苦手なお子さん、そもそも小さいお子さんは

怖がってしまうかも。

途中でサッと自力で退室はできません。

映画の内容もそこまで魅力的なわけではないので無理せず!!



◆シティ・ビルダーとレゴレーサー ビルド&テストゾーン

シティビルダーが目立たないところにあり、レゴレーサーの方がすぐ目に入ります。

レゴで車を自分で作って走らせようというコーナー。

ですが自力で作れている子はほとんどおらず。

急な坂からタイヤだけ転がすだけでも楽しめます。

が、転がしたあとすごい勢いで飛んでいってしまいちょっと危ない。

そしてそのまま「使い終わったブロックはここにおいてね」というケースに

inしてしまい、別の子が持って行ってしまうトラブルも発生しがち。

私達が行ったときにはそもそもタイヤ不足で、スタッフがかき集めていましたが

それでも足りない・・・。在庫もっと出してよ;



◆デュプロビレッジ

プレイゾーン的な雰囲気。

筒形の滑り台が大人気。

ただ大人が見守りづらく、滑る前に子ども同士の横入りなどで

若干喧嘩が勃発しがちなスポットでした。

見守りスタッフ無し。



◆カフェテリア◆

ここでやっとホッとできるかんじです。

アイス自販機あり。お昼は食べてからきてしまったので見てませんが、

再入場できないので「お昼食べに出よう」ってのはできません。

食べてからくるか、ここで食べるならしっかりメニューをチェックして

おくとよいかと思います。




◆レゴシティ トレインワールド◆

2016年春OPENしたばかりのゾーン。

出口目の前にあり、出口の方に行かないと見えないので

「ほんとにあるの?」と不安になるくらいw

デジタルの電車を動かす台とレゴの電車を自分で作って動かす台が

あります。

が、デジタルは不人気。みんなやはり本物の電車を動かしたい!

でもこちらも自力の電車を作るのは難しく、もともと作ってある車体の

奪い合い。先頭車両じゃなきゃやだと並んで長時間待っている子も

いました。遊んでいる子たちもどうしても渋滞が起きてしまい、

「ワープ(他の子を跳び越すように)して遊んでいいよ」というアナウンスもあり。




◆出口を出るとおみやげブース◆

手頃なおみやげが無し。キーホルダーくらいか。

高価なレゴブロックがたくさん売っていた。

「欲しい!」とねだって泣いている子も。




◆レゴランド スタッフについて◆

ディスニーランドのサービスを当たり前に受けていると

物足りなく感じます。

スタッフの全体の数が少ないと感じました。

「さっきあのブースにいた人が今度はこっちに?!」と

いうことが何度かありました。


男性はなぜかパーマ率が高い。

見間違えるほどパーマをかけている人が多かった。

あとお笑い芸人のようなヘルメットヘアのような人とか。

髪型は比較的自由な雰囲気。




◆レゴランドディスカバリー 感想◆

平日の空いている日ならもう少し遊べたのかなぁと。

相当レゴが好きで自分でたくさん組み立てられる子、

レゴのアニメを見ている子は楽しいと感じやすいと思います。

どちらかというと、男の子向きのものが多かったです。


posted by ライターam at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

義姉さんとのママトーク

昨日はまず体操教室。回数を重ねるごとに慣れるタイプの子なので、だんだん場慣れしてきました。
激しい運動であればあるほど「もう1回〜」と言う不思議。
イケメン先生が褒めてくれるので、親もテンション上がりますw 

夕方から、夫の姉とその子ども(双子ちゃん)と義父母と夕食。義姉は公務員だからなのか?
なんか、きちんきちんとしているのです・・・。それがちょっと苦手。
手土産に今回、値札つきっぱなしでしかもそれを承知で渡されたのだけど・・・
サイズ表記と一緒だったから取らなかったのか、それとも「今後はこれくらいの相場で渡し合いしましょう」
ってことなのか、もろもろ勘ぐってしまう悪いクセ。
子どもたちは打ち解けるのがこれまでで一番早く、成長したな〜と感じる。
私としても、これまでは義姉にどんな話を振っていいかよくわからなかったのだけど、
今回はPTAの情報を聞けた。やっぱり係は必須らしい。
ママ定番ネタが理解できている自分、ママスキル上がったな〜と一人思うのでした。
posted by ライターam at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

ママ友の心の裏が読めたらいいのに。

今日はリトミック。行くまでに洗濯、皿洗い、お昼の用意と時間ギリギリ。。。
のところで、息子が持っていくものをぶちまけていて、たまらず激怒。
レッスンが始まる前に待機部屋でおもちゃで遊ばないとレッスン拒否するくせに、
自分で出発時間遅らせる要因を作ってどうする!ぐずぐずする日もあるけど、今日は終始好調にレッスンできた。
ドレミ〜と言いながら、ピアノを弾いたり。

ママ友がとあるイベントに誘ってくれた。
でも、誘ってくれるときとくれないときがあるのが不思議。
ママ友が心細い時は私を誘うんだろうか。常に人の心の裏を読もうとしてしまう自分は純粋じゃないなぁと思う。

お昼後、夕食の準備もスピーディーにできたので子どもがお昼寝の間の時間確保!さぁお仕事お仕事〜。
posted by ライターam at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

仕事、家事、育児、自分時間の優先順位・・・

ブログタイトルが変わりました!
万一、これまでのブログの読者さんがいて、あれ変わってる?と驚かせたらごめんなさい。
毎日or頻繁に更新するためにはやっぱり今の自分に沿ったものじゃないと苦しくなるわけで。
なので替えてみました。


今日は、子どもを一時保育に預けて家でお仕事。
頑張りすぎて脳がパンクしそうだったので、休憩がてら「アナザースカイ」を。
篠原ともえさんの回が気になって録画しておいたのだけど。良い回でした、うるっときた。
今の自分は夢や目標をしっかり明言したいのですが、長いこと「自分なんて」「きっとだめだろう」って
思い続けてたから、なかなか素直に出てこないんです。でも「引き寄せの法則」を知ってから、ちょっとずつ

そんなことを思いながら、空き時間で料理。料理しつつもいろいろ考えながらやっているため、
「キャー!」「わー!」と箸を落としたり、何か入れ忘れたりなど全くスムーズとはいえない・・・。
まぁちゃんと作るだけマシだよね。

と言ってる間に、わー!お迎えの時間です・・・・ダッシュで行ってきます!


posted by ライターam at 15:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする