2018年08月13日

お札の端っこが破れた場合の交換方法!セロテープよりも口座をお持ちの銀行へGO!


チャック付きのお財布だとよくやってしまうお札破り…。
ネットで破れたお札の交換方法を探すとこういったサイトが検索されます。

http://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2018/04/06/100000

「端っこが破れたくらいなら何も持って行かなくていい」
なんて書かれていますが、私は手ぶらで行ってちょっと失敗しました;
人生ですでに2回も破れたお札交換体験をしている私が、
ライフハック記事を書いてみようと思います。


(1)郵便局では破れたお札は交換してもらえません
郵便局では基本的に両替を行っていないため、交換してもらえません。
まずは最寄の銀行・または信用金庫を探しましょう。
ネットで探すと、ATMを銀行と認識してヒットされてしまうことも
ありますが、もちろんATMでも交換はしてもらえません。
「窓口」限定です。


(2)初めて行く信用金庫で破れたお札交換を依頼したらどうなる?
子どもを幼稚園に送迎したあと、一番近い銀行が信用金庫だったので
軽い気持ちで行ってみました。もちろん口座なんて持ってもおらず、
縁もゆかりもない信用金庫です。

信用金庫って空いてますよね…。
案の定、朝9時過ぎに行ったらほとんど人はいませんでした。
受付の男性に話すと、たしか身分証を見せた覚えがあります。
あとは両替の紙に自分の名前や住所、交換してほしい金額を
書きました。本当は印鑑があるとよかったようですが、
「持っていない」と言ったらサインでOKだったような?

結果、無事交換してもらいました。
でも待ち時間にさりげなく、貯蓄などの勧誘がありました。
ゴリ押しではなかったのでよかったですが…。




(3)口座を保持している銀行(例えばみずほ銀行)で
敗れたお札交換を依頼したらどうなる?

人生2度目のお札破れはお盆中にやってしまいました;
今回は信用金庫ではなく銀行へ行ってみようと、みずほ銀行へ。
入店すると、社員の方がスタンバっているので事情を説明すると
「口座をお持ちですか?」とのこと。
通帳やキャッシュカードがあれば、すぐ両替ということで対応してくれるそうです。
しかし念のための身分証と印鑑しか持っていませんでした!

「何支店の口座でしょうか?」と聞かれ
「たしか〇×支店かと…」と答えると
「それを伝えれば対応してくれます」とのこと。
え、本当に!?
本当でした。
数分の待ち時間ですぐに両替(交換)してくれました。
新札がいいかどうかも聞かれますが、新札でなくてもいいと言った方が
銀行側は楽な様子でしたよ。


最近はスーパーの自動精算機も増え、一時は
「少し破れただけだから入れてしまえば入ってしまうかも??」なんて
思ったりもしましたが、詰まってしまったらそれはそれで大惨事。
セロテープで貼っても機械は反応しないことも多いので、素直に両替して
もらいましょう。



ちなみにコンビニなどは、破れたお札、溜まりやすいです…。
ほんの少し破れているものなど、繁忙時には見抜けないですし
常連のお客さんにはNOとも言いづらい、ギリギリ破れていないけれど
レジに入っている間に破れてしまったなど。
とはいえ、「じゃあコンビニで破れたお札使っちゃおう」と思わないでくださいね。
「これは使えないですね」とあっさり言われることももちろんありますので!


以上!お札を破ってしまった人のお役に立ちますように…。



posted by ライターam at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。