2017年06月26日

こどもちゃれんじすてっぷ入会3か月。入ってやっぱりよかったと思う理由7


2017年4月から入会し、3カ月経過。
改めて「入ってよかった」と思う理由をまとめてみました。

1)子どもが自分の郵便物がくるのをとても楽しみにしている
自分の名前で荷物が届くって、子どもにとってはなかなかないこと。
毎月とっても喜んでくれます。
たしかに自分も子どもの頃、無性に嬉しかったな〜。

2)季節の行事を子どもと一緒に楽しめる
七夕やこどもの日など。飾りを飾って終わり、ではなく
子どもとちゃれんじの制作物を作り、ちゃれんじの雑誌を読むことで
「こんな行事なんだよ〜」ってわかりやすく伝えることができる。
これってすごいことだと思います。


3)子ども同士の関わりについて絵本で学べる
お友達と喧嘩したらどうする?
どう謝る?
こんなときなんて言う?
なんてことを、しまじろうをはじめとするキャラクターが
絵本で体現してくれます。
「ごめんね」「ありがとう」、絵本を読み聞かせている時に
子どもに言わせようとすると恥ずかしがります。
でも「こんなとき言うんだ」とか「しまじろうも言ってるから」
と思ってくれるだけでも十分!

たしかに「やめて」と言ったら「やーめた」と言ったり、
私が怒ると「ごめんなさい」と自分がら言えるようになったり
小さな成長が見える今日この頃です。


4)楽しく知育ができる
市販のワークでいいじゃん、と買ったこともありますが
比べるとやっぱりちゃれんじはとても子供にとって楽しい、
面白い、やりたいを引き出すように作ってあります。
私が子どもの頃から既にあったのでもうウン十年の歴史が
あるだけに、子どもも自分からやりたがります。


5)付録もあなどれない
ひらがななぞりん、おてつだいたいなど
一見普通のおもちゃに見えますが、しっかりお勉強的要素や
心の成長のためのアイテムです。
市販の知育おもちゃを買ったこともありますが、すぐ飽きてしまう、
子どもに合わないなど「高かったのに〜涙」ということも多々
ありました。


6)生き物に興味を持ってくれる
ここ数カ月はちょうちょ、バッタ、かたつむりなど季節の生き物に
スポットを当てて「生き物観察ナビ」という特集があります。
個人的には興味なかったのですが、子どもがふと
「あ、モンシロチョウだ」「ショウリョウバッタいるかな」
などしっかり覚えていて本当にびっくり。ただびっくり。
小学生くらいになって図鑑読まないと覚えられない知識を
分りやすく図解してくれています。

日常でも季節ごとに見かける生き物なので、実際に
「いたね!」と会話が弾むこともありました。


7)総合的に考えてお安く感じる
知育ワーク2冊と情緒を助ける絵本、生き物観察、付録など
自分で探して同じようなものを買ったらいくらになるだろうと
考えるとお安い・・・。
周りの友達でも「知識が豊富だな」「しっかりしているな」という子は
大抵ちゃれんじをやっていました。(あくまで個人の意見ですよ)



これまでは知育ワークも諦めていなかったですが、
とうとうちゃれんじ一本に絞ろうかと。
月+500円でキッズワークプラスというワークがあり、
どうしようかな〜と保留していたのですが、
バックナンバーをまとめて受講できるキャンペーンが!

さ、さすが。
だって長い夏休み。これがあれば助かる。
近々、注文しようと思っています。
内容が難しいようならとっておいて、少し成長したころに
やらせてもいいですしネ。



★おまけ★
私が子どもの頃にはなかったDVDが今は付いています。
テレビ見せたくない派のお母さんからすると、うーんと思うかも
しれません。でも絵本で読み聞かせても理解度が15%だとして、
うちの子が視覚優位なところもあるかもしれませんが2〜3倍は
DVDで理解しているのです!
DVD、あなどれないなぁと思います。





posted by ライターam at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック